年金の種類

あなたは今どんな年金に加入していますか?

「どんなって、年金は一つだろう」

いいえ違います。

年金の種類は2種類です。

国民年金と厚生年金です。

以前は、これらとは別に「共済年金」もありました。

公務員や私立学校の教職員が加入していた年金です。

しかし、平成27年10月から共済年金と厚生年金の格差を是正するために、厚生年金に一本化されました。

そのため、現在は国民年金と厚生年金の2種類ということになります。

あなたはどちらに加入していますか?


【国民年金】

日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。(第1号被保険者)

自営業者やアルバイトをしている人や無職の人や20歳以上の学生などが対象です。

扶養されている配偶者(年収130万円未満)も対象者です。(第3号被保険者)

老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることが可能です。

ここでは「老齢基礎年金」の話に絞ります。

2018年(平成30年)に厚生労働省の発表した老齢基礎年金の受給額の月額平均は?

2016年(平成28年)の統計によると

55,373円

【厚生年金】

会社勤めの人、公務員、私立学校の教職員が対象です。(第2号被保険者)

これらの人は、上記の国民年金にプラスして、厚生年金を受け取ることができます。

2018年(平成30年)に厚生労働省の発表した厚生年金の受給額の月額平均は?

2016年(平成28年)の統計によると

145,638円

働いているときの報酬額と加入期間によって受給金額は人によって違います。

あくまで平均ですが、とてもこんな金額で暮らして行くのは困難です。

私は中小企業に勤めていたため、平均をはるかに下回っています。

ちょっとショックでした。

もっと給料のいい会社に勤めておくべきでした。

「後悔先に立たず」ですね。

 

年金はいつからもらえるのか?

年金はいつからもらえるのか?

あなたは年金の受給開始年齢は何歳からか知っていますか?

会社員は60歳からでしょう?

そう思っている方は間違っています。


年金がもらえるのは65歳からです。

60歳で定年退職する。
年金をもらって悠々自適に暮らす。

そんな生活はもはや昔の話なのです。

私が勤めている会社も定年退職は60歳と決められていました。

そして60歳の誕生日に無事定年退職しました。

でも年金はもらえない。

60歳から65歳までの間はどうするんですか?

あれこれ調べているうちに色んなことがわかってきました。

もっと早く知るべきでした。

賢明なあなたは一刻も早く年金に関する知識を得るべきです。

60歳定年退職

私は2018年現在で62歳の誕生日を迎えました。

老後のことを考えると不安でたまりません。

これまで老後のことをほとんど考えずに生きて来ました。
そして猛烈に後悔しています。

世の中の仕組みについて真剣に考えていませんでした。

特に不安なのは「老後のお金」についてです。
もっとよく知らなければなりません。

自分で調べたことをこのブログに書き留めて行こうと思います。

会社員は60歳になったら年金がもらえる?

一般的な会社は60歳が定年でした。

定年になったら年金をもらえるはずでした。

私もそう思っていました。

「~でした」と言うようにそれはもう昔の話です。
それが変わってしまったのです。

60歳になっても年金はもらえません!

私にとって、これは相当なショックでした。

がんばって餌のもらえるところまで何とか走って行きました。

そうして餌を食べようと思ったら、「おあずけ」されたのです。

そして、なんともう5年間走り続けろと言うのです。

何それ?

60歳定年後の輝かしい人生のために

60歳で定年を迎え、会社を退職しました。

正確には、1年間は前の会社に継続雇用されました。

1年間同じ会社に勤めることになりました。

取りあえずは様子を見て、それからどうするかを決めようと考えていました。

しかし、状況は大きく変わり、継続雇用を打ち切る事態になって来ました。

十分な準備もないまま、会社を去ることにしました。

その後に待っていた状況は驚くべきことの連続でした。

そのことをまとめておきたい気持ちになり、このブログを開始することにしました。

定年を迎えるに当たり、注意すべき点を挙げておきます。

何かの参考にしていただければ幸いです。

60歳以降の人生を今まで以上に輝いたものにするために
やるべきことを模索して行きます。

管理人:栄人(えいと)