年金の種類

あなたは今どんな年金に加入していますか?

「どんなって、年金は一つだろう」

いいえ違います。

年金の種類は2種類です。

国民年金と厚生年金です。

以前は、これらとは別に「共済年金」もありました。

公務員や私立学校の教職員が加入していた年金です。

しかし、平成27年10月から共済年金と厚生年金の格差を是正するために、厚生年金に一本化されました。

そのため、現在は国民年金と厚生年金の2種類ということになります。

あなたはどちらに加入していますか?


【国民年金】

日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなければなりません。(第1号被保険者)

自営業者やアルバイトをしている人や無職の人や20歳以上の学生などが対象です。

扶養されている配偶者(年収130万円未満)も対象者です。(第3号被保険者)

老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることが可能です。

ここでは「老齢基礎年金」の話に絞ります。

2018年(平成30年)に厚生労働省の発表した老齢基礎年金の受給額の月額平均は?

2016年(平成28年)の統計によると

55,373円

【厚生年金】

会社勤めの人、公務員、私立学校の教職員が対象です。(第2号被保険者)

これらの人は、上記の国民年金にプラスして、厚生年金を受け取ることができます。

2018年(平成30年)に厚生労働省の発表した厚生年金の受給額の月額平均は?

2016年(平成28年)の統計によると

145,638円

働いているときの報酬額と加入期間によって受給金額は人によって違います。

あくまで平均ですが、とてもこんな金額で暮らして行くのは困難です。

私は中小企業に勤めていたため、平均をはるかに下回っています。

ちょっとショックでした。

もっと給料のいい会社に勤めておくべきでした。

「後悔先に立たず」ですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です